しまちゃんのガンプラダイアリー
しまちゃんのガンプラダイアリー
子供と一緒にガンプラを楽しもう!

【当ブログについて】
乾燥が早くて食いつきの良い水性塗料メタルクラフトペイント やファレホを使い、実験に実験を重ねながらガンプラのエアブラシ塗装を楽しんでます^^
ラッカー臭で肩身のせまいパパモデラー必見です!!(^▽^)
【リンクについて】こちらは、リンクフリーです。

ちょっとだけ進展

指の痛みはなく、順調に回復してきたのでちょっと作業しました。
開口して乗せてみただけですけど、もうちょいデコレートしようかと。
なんかこういうのやり始めると終わりな見えなくなるのでやめた方が良さそうではありますが…
失敗して余計な穴があいちゃったので、これをふさぐ作業もしないといけません。明日は裏打ちしてからやります。

↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




負傷のため作業一時中断です…
土曜の夜に、やってしまいました。
ホットナイフでパーツ切断するコツがつかめ、扱いに慣れてきたところで、火傷してしまいました。
デザインナイフから持ち替える際に、ボーッとしてたのか、ナイフとおなじようにコテ先を親指と人差し指で握ってしまいました…
ジュッと音がして慌てて手放し、すぐ冷やしたものの結構な水ぶくれができました。しばらく氷で冷やし続けてましたがその夜は激痛に苦しみました。
という事で、作業は中断。この土日はあまり進捗なしです。(;´д`)トホホ…

↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




ガンダム発光化計画その5
今週末の成果。
肩のクリアパーツにLEDの取付位置の調整。発行テストしました。

頭部は、メタルパーツなどを使って、スカスカな首元をちょこっとディテールアップ。シリンダー着けてみました。
メインカメラもメタルパーツで真正面から見るとカメラっぽくなるように。他のキットからクリアブルーのランナーを探してランナータグでフタしてます。光が眩しすぎるので、ヤスリがけして少し曇らせてます。

頭部の配線は首の後ろに、メッシュチューブで束ねてエネルギーチューブっぽく。穴を開けて、内部に配線を通してます。

ヘルメットの合わせ目消しは悩ましいところ。LEDの配線中に断線したらと思うと、とても接着できず、段落ちにして分解可能にしておこうと思ってます。
あとは、ペーパーで一皮むけば、塗装できるかなってところです。

↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




ガンダム発行化計画その4
週末、だいぶ作業が進みました。

肩の謎の部分とマスクの複製ができ、それぞれすり合わせに手間取ってました。
特に肩パーツ。土台側との隙間を埋めるのに、0.3ミリプラ版を貼り付け、サフって確認。なかなか難儀しました。
手前側は磨いて艶出しニスを塗ってます。ツヤッツヤで透明感が増してます

続いて、複製したマスクの位置合わせ、さすがにパーツの接続ピンまではうまく複製できないので、プラ板を貼ったり削ったりしてすり合わせ、LEDも組み込みました。写真は片目だけですが、両目とも点灯チェック済み。

メインカメラも組み付けて点灯チェック。

このあと、メインカメラ周りをデコレーションしてますが、写真撮り忘れ^^;
次回、LEDの組み込みと合わせて掲載します。
ではまた^_^


↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




ガンダム発光計画その3(おゆまる複製)
週末は、たまってた領収書の整理でなかなか時間が取れませんでしたが、クリアパーツ化は一応完了したのでそのレポートを書きます。

おゆまる+タミヤ透明エポキシ樹脂を使って、クリアパーツ化しました。タミヤ透明エポキシを使うのは今回初めてです。

ちなみに1度目の複製は一部がうまく型取りできてなかったのでやり直してます。

まず、おゆまるによる型取り。

ボールにお湯を入れ、おゆまるを柔らかくし、おゆまるを小さいタッパに詰めました。

対象の形によるのですが、やはり、パーツをムニュっと押しつけたときに四方を枠で押さえてあげた方がうまくいきますね。本当はタッパでなく、レゴブロックで枠を作るつもりが、妻が外出中でレゴをどこにしまったのかわからず、あきらめてタッパを枠にしました。(あとでタッパから外せなくなるので真似しないように。このあとタッパは、ナイフで切断する羽目になりました^^;)

おゆまるが冷えて固まったら、タミヤ透明エポキシ樹脂を流し込みます。
二種類の液を2:1の分量で混ぜて、合計15mlを用意しました。これにタミヤエナメル塗料のクリアブルーを爪楊枝で2滴ほど垂らして混ぜます。気泡が入らないように慎重に混ぜ、流し込むときも静かに流します。

このあと、気泡が抜けやすいように、ドライヤーの熱風をあてます。するとうまく泡が浮いてきました。ただ、近づけすぎるとエポキシ樹脂が風で流れ出てしまうので、遠すぎず近すぎず、適当な距離を探しつつ7-8分ぐらいあてました。

その後、24時間の乾燥待ち。
ホコリが入らないように、乾燥機に入れて保管しました。(乾燥機の電源は入れてません。)
硬化後、気泡もなくうまく複製できました。あとはナイフとニッパーでバリと不要な部分をカットして整形するだけ。
硬化後のエポキシ樹脂は、飴のように粘りあって結構かんたんに切れます。

スポンジヤスリとコンパウンドで磨き、タミヤの艶出しニスを塗ったらかなり透明度が増し、ツヤツヤになりましたよ。(左は研磨前。右がニス塗布後)

書き足りない気もしますが、おゆまるによる複製とクリアパーツ化についてはこんな感じです。

↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




copyright © 2005 しまちゃんのガンプラダイアリー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
まとめ