しまちゃんのガンプラダイアリー ガンプラ:HG ガンダム
しまちゃんのガンプラダイアリー
子供と一緒にガンプラを楽しもう!

【当ブログについて】
乾燥が早くて食いつきの良い水性塗料メタルクラフトペイント やファレホを使い、実験に実験を重ねながらガンプラのエアブラシ塗装を楽しんでます^^
ラッカー臭で肩身のせまいパパモデラー必見です!!(^▽^)
【リンクについて】こちらは、リンクフリーです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




HGUCガンダムの製作まとめ
HGUC RX78-2 ガンダムの製作についてまとめておきます。
後追いになってすみません。

【工作について】
基本はHGUCとFGのミキシングです。
PGに近いデザインにしようと思ったけど、細かいとこまではモチベがもたなかったですね^^;
・肩、胸のダクト、ランドセル及びサーベルの柄をFGから移植。
・手首を「HGUCジム・コマンド宇宙用」のものに変更。
・waveのバーニア角で手首のカバー作成。
・ビームライフルのスコープ前後にコトブキヤのディテアップパーツを貼り付け。スコープの中にHアイズ(透明)を貼り付け。銃口に切れ込みを入れ、真鍮パイプを仕込みました
・胸、ふくらはぎに、スジ彫りを追加。(美唄MCさんのタガネ)
・足裏のバーニア周辺(土踏まず)を切り抜き、ディテアップパーツでバーニアを作り直し。
・バズーカも1個追加して、バズーカ2本の最終決戦仕様に。
・肩、膝に水転写デカールを貼り付け。
※バズーカ、手首は、パーツのみ別途購入しました。

【表面処理】
400番→600番→800番にて処理。
色が濃く面積が広い胸パーツのみ、最後に無印良品の貴金属磨きで磨いてあります。
サフは使用していません。
スジ彫り失敗などの目立つ傷は、瞬着にて埋めました。
下地の成型色によって発色しにくい連邦Vマークには、ジェッソ(アクリル絵画用の下地材)を使用しました。

【塗装について】
基本はメタルクラフトペイント(エアテックス社)を使用。
サフレスでプラ地の上に塗装。
※略号:MC(メタルクラフト)、GM(ガンダムマーカー)、タミヤ水性アクリル(T)
・白:White(MC)+MaxineBlue(MC)微量+Magenta(MC)微量
・青:MaxineBlue(MC)+Magenta(MC)+White(MC)
・黄:Yellow(MC)+Red(MC)微量
・赤:Red(MC)+Yellow(MC)微量
・関節:White(MC)+Black(MC)+SlateBlue(MC)
・シルバー:メッキシルバー(GM)
・武器:Black(MC)+フラットアルミ(T)
・頭部バルカンやダクト、カメラなどはガンダムマーカーの筆塗り
※残念ながら、混合割合は失念しました(-_-)ゞ゛ウーム
 というか、気に入った色になるまで混ぜ続けたので
 混ぜてるうちに比率がわからなくなってます^^;

スミ入れは、リアルタッチマーカーで行っています。
白部:リアルタッチグレー2
黄色部:リアルタッチレッド1
青部:リアルタッチブルー1
※スミ入れ前に、スーパークリアコート(エアテックス社)にてコート。

最終仕上げに、水性トップコート(つや消し)を使用。

【感想及び反省点】
とにかく、ほとんど全てが始めての挑戦。
定番製作方法とは異なる作成方法なので、情報がない中を試行錯誤しながら作成しました。
全て、自分の目で見て確かめ、実行に移すということの連続。
とにかく、完成できたことが何よりうれしいです。
途中、メタクラで塗装できなかったらどうしようと不安でした^^;
エアブラシの使い方については、もっともっと経験を積まないといけないなぁと実感しました。
水性トップコートの際に、あんなにホコリがくっついてしまうとは思わず、ベランダで吹いたことを後悔;;
エアブラシ、缶スプレーともに、ホコリ対策をしっかりしないとダメだと思いました。これが一番困ったことかもしれません。
って、どうすればホコリを吹き付けないようにできるんでしょう???
でも・・・
塗装がとーっても楽しかった^^
細かいディテアップ工作とかも楽しいけど、それ以上に「塗れたぁー!」ってことがうれしかったです^^
どうしてもメタクラは、低圧では詰まりやすく吹きつけがたいので、もっと面積の大きい1/100だとどうなるのかを早く試したいと思っています。

最後に・・・

 ガンプラ、チョーおもしれーー!! チョーたのしぃーぞーー!!

↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>


スポンサーサイト


近日、公開予定!
20071202002318
長らくお待たせしました!

え?待ってないって?

まぁそういわずに(^_^;)

水性塗料メタルクラフトペイント(一部ガンダムマーカー)による全塗装!!

世にも貴重な、塗装してても『シンナーくせー!』なんて奥さんに怒られない!そういう意味でも安全でパパにやさしいガンプラの完成です!!

でも、これから写真撮影しますので、もう少し待ってくださいm(._.)m

↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




白を塗りました
昨晩は、白の塗装をしました。

まずメタクラの調色から。
今回は、わずかに緑がかった白を作ってみようと考えました。
【参考までに】メタクラのボトルは、ちょうどケチャップの容器と同じ作りになってます。フタをあけ、逆さにしてブチューっと塗料を出せます。

まず白を30滴垂らし、そこへ青を1滴。 ・・・

水色ができました(・_・、)

もう10滴ほど白を・・・

水色ができました(ノ_・。)

もう10滴・・・水い・・・(T_T)

(^_^メ)

白を「ブジューーー!」っと噴射!!

えぇと、青みがかった白ができあがりました^^
さらに、黄色5滴を加えてわずかに緑がかった白になりました。
もう2~3体、ガンダムが塗れそうなほどの量ですけどね(^O^)

では、塗装開始!

ムムム 白って難しいですね。
塗り具合がよく見えないので(サフレスだからなおさら)、油断してると垂れてしまいます。
ムズカシィ(^_^;)

腕パーツの手首カバーとして着けたバーニア。
ここに白がなかなか乗らず、吹きつけすぎて垂らしてしまいました。失敗。
200711151825416

ヘルメットもトサカ部分に念入りに吹いているうちに、垂れてしまいました。むずかしいです。
で、ヘルメットのときにリカバリ方法に気がつきました。

失敗したヘルメットを、まだ乾いていないうちに、水を張った筆洗いバケツにドボン。
200711151825414


しばらく浸した後、筆で撫でれば簡単に色が落ちます。水性ならではですね。

で、再度ヘルメットを塗装しなおし。
無事に塗れました^^

マスキングなんてしてないので、ポリキャップまで白くなってしまいましたが、
乾燥後、爪で軽くさわっただけで塗膜が剥がれ落ちました。
200711151825412

「なんでも塗れる」はずですが、ポリキャップはダメみたいですね。

それにしても、メタクラの白は下地隠ぺい力が弱いです。
FGガンダムから移植した肩パーツ。
成形色がうす緑なのですが、これぐらいの薄い色ならと思っていましたが、
3回塗り重ねてもダメでした。
これ以上塗り重ねると厚ぼったくなってしまうので断念。
20071115182541


ジェッソを塗って、その上にもう一度白を塗りなおす予定です。

あ、そうそう。
今回、たくさんのパーツを塗ったので、何度も塗料が詰まって中断しました。
そのたびに、筆でノズルをぬぐっていたのですが、後半に完全に詰まってしまいました。
何度ノズルをぬぐってもダメ。
ハンドピースのお尻のダイアルを回して、塗料を全開で吹き出そうとしてもダメ。

塗料を捨てて、ニードルを抜くのもなんだし・・・

と、そこで試しにエア圧を一気に上げて吹いてみたところ・・・

 「ブッ!」という音と共に、1cmぐらいの長さの糸状になった塗料塊が吹き出しました(◎_◎;)
 唖然としたというか、驚いたというか・・・

いくら乾燥が速いといっても、これはひどいなぁと思いましたよ。

まぁ、その後は順調に吹けたのでいいんですけどね。
リターダー、もっと添加量を増やしていいのかもしれません。

今朝、塗装したパーツを眺めてみました。
前回、胸パーツのブルーを塗ったときは、つるんとした塗膜になった部分と、ざらっとした部分ができてしまったのですが、今回塗った白パーツはどれもつるんとした仕上がりでした。
薄く数回塗り重ねてしまうとざらっとした感じに、
垂れる寸前まで一度で塗り上げてしまうとつるんとした仕上がりになるようです。
20071115182540

ヘルメットも、つるんとして光が反射してます。
メーカーでは、メタルクラフトペイントを「水性アクリルエナメル塗料」と言ってます。
水性塗料?エナメル塗料?と最初は混乱しましたが、「エナメル」と言っているのは、塗膜のつるんとしたグロス仕上がりを指して言っているんでしょうね。

残るは、赤と黄色とグレー。
うまくいくといいなぁ^^

↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




メタクラの希釈率は30%
忘れないうちに、昨日エアブラシで塗ったメタルクラフトペイントの結果をまとめておこうかと。

メタルクラフトペイントは、どれぐらいうすめるのかがまだはっきりと断定できていませんでした。
メーカーサイトでは「水を10%ほど加える」となっていますが、水だと乾燥時間に不安が・・・
なので、水性アクリル塗料用のうすめ液を使います。

前回、0.3mm口径のハンドピースに20%のうすめ具合で詰まりまくりました。
 ノズルに塗料が溜まるたびに、心にストレスが溜まりますぅ~Y(>_<、)Y

詰まりの原因はハンドピースの口径だけの問題では無さそうなので、昨日はもう少しうすめてみました。
 30%程度の希釈。
ハンドピースは0.5mm口径です。
(これは、おこずかいをやりくりしてがんばって買いました。特価品を見つけたんですよ^^ エアテックス製XP-707です。)
紙に試しに吹いた感じでは、ちゃんと吹けています。
若干、塗料のつぶが大きいような気がしますが、これは塗料の特性なんだと思われます。(だから、詰まりやすいんでしょうね)

ということで、30%希釈+リターディングメディウム(リターダーと同じ効果のもの)をちょびっと添加して塗装しました。
最初は順調で、キレイにぬれました。
が、やはり途中で詰まります。
ムムム。
そのとき、もう少しうすめたほうがよかったのかなぁと思って、エアブラシのカップに直接1滴ほどうすめ液を垂らしてみました。
(残り塗料も減ってますから、この一滴で40%ぐらいの希釈になってたと思われます。これが後で影響することに・・・)

ムムム・・・でない^^;

で、先端のニードルキャップを外してみると、塗料が塊になってこびり付いてました。0.5mm径でも詰まってました。恐るべしメタクラ^^;

で、その塊をふき取って再開。
すると、出ました^^

が、なんと言えばいいんでしょうね。
吹き出すエアで、パーツに吹き付けた塗料が波打ってる感じ・・・orz

 薄め過ぎたようです(TロT)

夢中になっているうちにハンドピースが近づきすぎたかもしれません。
エア圧が高いのかも。

試しにエア圧を調整してみました。
0.1Mpaになっていたのを0.08ぐらいに落としましたが、ほんと調整が難しいです。
それ以上下げると、塗料が出ないんです。(塗料の粒子が大きくて重いのかな?)
細吹きなんてできないですね。そもそも、0.5mm口径ですからねぇ。

なんとか、ハンドピースの距離を調整しながら、塗り終えました。

ということで、長々と書きましたが、

 「メタクラの希釈率は、30%で!」

今後もこれで行きたいと思います。

↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




ガンダム塗り始めました!
連続投稿になります。(百式の話題は、昨日・一昨日の出来事なのです)
HGガンダム、塗り始めました!

エアブラシ、少し緊張しながらもがんばって塗ってみました。
といっても、今回は唯一ブルーを塗る胸のパーツ一つのみ。
こんな感じです。
青の塗装


人生2度目のエアブラシ塗装です ( ̄ー ̄)ニヤリ
1度目も、前回同じパーツを塗っただけですけどね(’-’*)

携帯写真ではうまく色が出ないもんですね。
でもまぁ、実物よりきれいに塗れてるように写ってます^^;
実物は、少しムラになりかけたとこもありますが概ね塗れたと思ってます。

今回は、新しいハンドピースを使ってます。
0.5mmのもの。

私が使うメタルクラフトペイントは「0.4mm以上を推奨」となっていまして、
前回0.3mmで塗ったところ、頻繁に詰まってしまいたいへんでした。
今回はさすがに0.5mm。全くつまらないわけではありませんが、一度だけの詰まりで済みました。

ちなみに塗料は、メタルクラフトペイント(エアテックス社)です。
これに、30%ほどの水性アクリル塗料用のうすめ液を加え、
さらにリターディングメディウム(ホルベイン社製)をタミヤ・調色スティック1さじ分ほど加えてあります。

おっと!
大事なことを忘れてました。
今回、サフレスで塗っています。
ラッカーシンナーは怖くてあまり使いたくないので、サフも使わないでいくつもりです。
今日塗装したパーツは、塗った色よりもずっと濃いブルーの成型色なので、下地が透けるのではないかと思いましたが、メタルクラフトペイントのブルー(正式名Maxine Blue)の下地隠ぺい力はすごいですね。
まったく透けてません。

まぁ濃い色に白や黄色なんかを塗るときは、ジェッソというアクリル絵の具用の下地剤を使います。
ちなみに、連邦Vマークは下地にジェッソを軽く筆塗りし、10分ぐらい乾かしてからイエローを塗ることで下地の成型色に負けずに発色できました。
Vマーク


さて、明日は何色塗ろうかなぁ^^

↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




copyright © 2005 しまちゃんのガンプラダイアリー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。