しまちゃんのガンプラダイアリー ガンプラ:HG グラハムフラッグ
しまちゃんのガンプラダイアリー
子供と一緒にガンプラを楽しもう!

【当ブログについて】
乾燥が早くて食いつきの良い水性塗料メタルクラフトペイント やファレホを使い、実験に実験を重ねながらガンプラのエアブラシ塗装を楽しんでます^^
ラッカー臭で肩身のせまいパパモデラー必見です!!(^▽^)
【リンクについて】こちらは、リンクフリーです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




HGグラハム専用ユニオンフラッグ製作その8
みなさん、こんにちはーー!( ‘∇‘ )ノ”

昨晩は・・・ブログをいじっててプラモ製作はあまり進みませんでした^^;

LightboxというJavaScriptの設定に手間取ってたんですよね。
FC2ブログの管理画面って、頻繁に固まって「サーバーが見つかりません。」ってなるんですよね。
日記書いて、書き込みボタンを押すと「サーバーが・・・」
ファイルをアップロードしようと思って、リンクをクリックすると「サーバーが・・・」
テンプレートいじって、保存すると「サーバーが・・・」
そして戻るボタンを押すと、

  さっき打ち込んだ内容が消えてる( ̄□ ̄;)ガーン

ほんと、手間がかかるんですよ;;

日記消滅が何度もあったので、今では携帯からメール投稿するのが普通になりました。
管理画面の利用をやめて、ローカルで動くフリーソフトでなんかいいのがあればいいんですけどね。

さて、本題。

HGグラハム専用ユニオンフラッグカスタムの白パーツの塗装をしました。
昨日、軽く爪でこすったら簡単に剥がれてしまったので、そのやりなおしです。

まずはアクリル絵具を落としました。

昨日のように爪で軽くこすれば簡単に・・・って、あれ?あれれ???

  簡単に剥がれないじゃん(>_<)

昨日より、パーツにくっついてましたよ!
乾燥時間が1日ぐらいでは足りなかったようです。

水性派にあせりは禁物なんですね。
室温、湿度の関係もあるでしょうけど、いくら乾燥スピードが水性ホビーカラーなどより早いとはいえ、1日で完全乾燥って訳にはいきませんね^^;

でも、ここまできちゃったら仕方ないので、剥がしにくいところはナイフで削ったり、ヤスリがけしたりして剥がしました。
んで、あらためてペーパーで均します。

剥がしてまた同じこと繰り返しても意味が無い。
プライマーが必要か、はたまたジェッソか・・・っと考えているうちにまた0時近くに^^;

考え込んでも仕方ないので・・・

20080125140450


  黒 く 塗 っ ち ゃ っ た (´∀`)ゞテヘ

↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>


スポンサーサイト


HGグラハム専用フラッグ製作その7
みなさん、こんばんはーー!( ‘∇‘ )ノ”

昨晩は、白く塗った箇所の筆ムラを修正しようとしたのですが・・・

ペーパーで均し始めたら、すぐにパーツの端っこから塗膜が剥がれてしまいました(>_<)

200801241822402

試しに爪でカリカリっとひっかいてみると、あっけなく剥がれ落ちましたよY(>_<、)Y

やはり、ただのアクリル絵具では接着力が足りないのか、それとも乾燥時間が足りなかったのか・・・

どうしようか・・・と考えているだけで作業が進まず、昨日は進捗なしです(>_<)

さて、今夜はエアブラシで白部分の塗装に再挑戦します。

メタクラの白に何か混ぜてみようかな?
それとも、パールがうまく使えないかな・・・

話は変わりますが、模型誌の早売り情報が飛び交ってますね。

前回のガンダム00で言ってた「GNアームズ」がキット化の発表。
そして写真公開で、どんなものなのかがわかりました。
20080124182240

見た目は、ミーティアみたいですね。
ただでさえ硬いのに、これ以上強くなったら地球を破壊しかねませんよ、ガンダム!\(°o°;)/

そして、あの「0ガンダムが当たる」キャンペーンがあるんだとか。
第1話と先日の刹那の走馬灯に現れた「0ガンダム」。
あれの1/144プラモデルが当たるんですって!
欲しい!!
けど、「ファーストグレード4アイテムを対象としたキャンペーン」なんですって!
もう箱なんかねーーーよ!(>_<")

そしてそして、自分にとって一番のニュースは「HGUC νガンダム」が3月発売決定したこと。
待ちに待ってた発表!
MGνガンダムなんて高くて手が出ませんでしたが、HGのお値段は2.625円ということで(HGとしては高めですが)私のおこずかいでもなんとか買えるお値段です。よかった^^

ただ・・・息子にプレゼントした旧キットνガンダムがまだ未着手なんで、急いで作らないと
「あぁーそっちのνガンダムの方がいい!」とか言われかねません(>_<")

↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




HGグラハム専用ユニオンフラッグその6
みなさん、こんにちはーー!( ‘∇‘ )ノ”

昨日は、HGグラハム専用ユニオンフラッグに白を塗りました。

今回も新たな塗装実験を実施します!

今回はメタクラでなく、水性アクリル絵の具を使ってみました。
これ、絵の具ですがプラスチックどころか、壁や石にも塗装できるそうです。

今回使うのは水性アクリル絵の具の「チタニウムホワイト」
200801231328512


ホビー用塗料に限らず、絵の具にも「ホワイト」には種類がありまして、中に使ってる成分で色々な効果があるそうです。

[チタニウムホワイトの特徴]
「 白色度が大きく隠ぺい力や着色力も大きいので、薄塗りでの純白の表現に向いています。また、混色で色を薄める場合にも使用量は少なくて済みます。 チタン白は上塗り絵具に亀裂や剥離を起こさせることはありません。したがって、下塗りから上塗りまで幅広く使えます。 隠ぺい力や着色力が強い分、他の色を殺してしまう「狼色」という現象を起こしてしまいます。(狼色とは、うっかり混ぜすぎると他の色を喰ってしまう狼、という意味)狼色はパレットの上で他の色と扱いを変えて少しづつ混ぜる注意が要ります。 」

ということで、隠ぺい力が強い白で、下地にも上塗りにも使えるんだそうです。
これよりも隠ぺい力が高く下地に向いたホワイトは、「ファンデーションホワイト」ということになります。
女性の化粧品と同じく、下地という意味で「ファンデーション」というんだとか。
しかし残念ながら、「ファンデーションホワイト」ってのは油絵の具にしか見当たりません。
これと同等の水性アクリル絵の具となると、以前使った「ジェッソ」が同用途の絵の具となります。

メタクラの白は、残念ながら下地には向いてません。
なので、ファンデーションホワイトには及ばないけど隠ぺい力が高いという「チタニウムホワイト」を使ってみました。

グラハム専用フラッグは真っ黒な成型色。
なのに、エリやへんな形の盾に白を塗れっていうんですよ。
そこで、この「チタニウムホワイト」を使うとどうなるか。

水性絵の具ではありますが、水では溶きません。プラに弾かれますからね。
で、水性アクリル塗料用のうすめ液で溶きました。
そして、今回は実験なので(面倒なので^^;)筆で塗ることに。

まず、さっと塗ってみたところ・・・

薄めすぎました^^;
うっすら白くなるだけ・・・orz

なので絵の具を出して、固体から液体に変わる直後程度の薄め具合で塗ってみました。

その状態で、筆に少し多めに塗料をつけ、ちょんと乗せる感じでパーツに塗料を乗せてみました。
それがこんな感じです。
20080123132851


結構、白くなりましたよね。驚きです。

が、写真を良く見ていただければわかりますが、乾燥してくるとひび割れしてきます^^;
(※もっとうすめれば、ひび割れしなかったかもしれません)

そして、塗料を筆できちんとなでるように塗ると・・・やっぱり下地が浮いてました(>_<)
ジェッソを使うと、一度で下地の色なんて消えるんですけどね。
さすがにそこまでは無理でした。

乾くのを待ってもう一度。
筆ムラがついたり、下地が透けたりして、さらにもう一度と塗り重ね・・・

って、なんだ結局、何度も塗り重ねてるじゃん・・・orz

分厚くなってしまいましたが、なんとか塗れました。
塗装前と塗装後の比較。
20080123132850


実験結果としては・・・
うーん、メタクラやガンダムマーカーの白よりは隠ぺい力高いと思うんですがどうなんでしょう。
わずかな差しかなかったかもしれません。
これだったら、エアブラシの詰まりに不安があるけどジェッソを使った方がよかったかもしれません。
筆塗りがへたっぴだからというのもあるので、今回の結果だけでは判断しかねますけどね。
今日帰宅したら、ペーパーで筆ムラを均してみます。
その際、あっけなく剥がれたりするかもしれませんね。
そこら辺も、今夜しっかり確認したいと思います。

今夜は、白塗装の修正だけで終わっちゃいそうですね。
白塗装が終わったら、残るはソードの塗装と塗り忘れに気づいた腕関節です。

時間はかかってますが、着々と進んでますよ^^

↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




HGグラハム専用ユニオンフラッグその3
20080109181730
昨夜も引き続き、「HGグラハム専用ユニオンフラッグカスタム」をいじりました。

といっても、合わせ目の残りや後回しにしておいたゲートの処理を30分ほどしただけです(ノ_<。)

写真を撮ってもなーんもおもしろくない状態です^^;

一応現状を写真に取って見ましたが、どうみてもただの破片です^^;
羽なんて、虫(ゴキ?)の羽みたいだし・・・

ほんとはもっと進めたかったのですが、パソコンにうとい妻に色々とパソコン作業を頼まれまして30分しか作業できませんでした;;
年末年始休暇も、年末は掃除、年始は親戚めぐり、年末年始の夜はほとんど年賀状作りに拘束され、プラに触ったのは初売りツアーのあった日だけ!
連休が終わり、平日に入ってようやくプラに触り始めたと思ったのにまだ拘束されるとは! (*'へ'*) ぷんぷん

そうだ!
こういうイライラするときは、嫌味のように積みプラをじゃんじゃん買いまくるのだぁ~!!

・・・

『できるものか! そんなことをしてみろ! 私は我が家の鼻つまみ者だ!』・・・(号泣

↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




グラハム専用フラッグ製作その2
200801081828492
20080108182849
グラハム専用フラッグカスタムを全塗装することに決め、制作続行中であります!

昨日、一昨日と、合わせ目処理と後ハメをやりました。

先日のSNS「気ままにホビーライフ」の初売りツアーに参加した際、「瞬着で合わせ目処理」の話題が出ていたのを思い出し、ためしに瞬着で合わせ目を消してみました。
今までは、リモネン流し込み接着剤でやってたんですけどね。

で、やってみて思ったのですが・・・

一昨日の晩、後ハメや合わせ目箇所を考えるのに結構時間かかりまして、
瞬着塗っただけで眠くなって寝てしまったんですよね。
結局、一晩置いてるので、結局いつもと同じでした^^;

しかも瞬着って、乾燥時間を長く置くと余計に硬くて削りずらいんですね。
塗って、さほど時間をおかずに削り始めた方が硬くならないと昨晩わかりましたが、後の祭りです。
見た目、汚くなってしまいましたよ(ノ_<。)
まだまだ修行が足りませんねぇ。

とはいえ、何でも挑戦していくことが大事だと思ってるので、良い経験をしたと思ってへこたれずに合わせ目作業を続行です。

ちなみに合わせ目は、前腕、脚、かかと、脇腹、羽の接続基部、ライフルにありました。

フラッグは、パーツがどれも小さくて細い作りなんですよね。
下手なことすると壊しそうなので、後ハメはライフルにしか行わないことにしました。

雑誌だと、羽を後ハメして羽の基部を合わせ目処理してましたが、これも結構小さいパーツで怖かったのでやめました。
羽だけ先に塗っちゃって、接続基部は小さくて合わせ目がさほど目立たないのでそのままにします。

そして、苦手な武器の処理^^;

ライフルは、相当小さな彫刻刀(2mm幅ぐらいだったかな)でもないと消せない合わせ目が、銃身の上面にあります。
これは悩みました^^;

が、いくら悩んでも自分の腕前でどうこうできるものじゃないのであきらめてスジ彫りしました。
ここはディテールなんだと思い込むことに^^
(写真1枚目)
美唄モデラーズクラブさんのタガネ使いました。
ガイドを当てようがない凹部なので、ナイフで先にスジを広げてからタガネで彫りました。
きれいにできて満足です^^

さらにライフルは真ん中で折れ曲がるようになってまして、塗装のことを思って後ハメにしました。
(写真2枚目)

後で考えてみたら、これはあまり意味なかったですね^^;
まぁいっか。

ということで、グラハムフラッグは制作快調です!

え? エクシアはどうしたかって? ^^;

えっと・・・
   パーツ壊したので部品請求中であります (ノ_<。)うっうっうっ

↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




copyright © 2005 しまちゃんのガンプラダイアリー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。