しまちゃんのガンプラダイアリー HGキュベレイ15 ジェッソ水研ぎできました^^;
しまちゃんのガンプラダイアリー
子供と一緒にガンプラを楽しもう!

【当ブログについて】
乾燥が早くて食いつきの良い水性塗料メタルクラフトペイント やファレホを使い、実験に実験を重ねながらガンプラのエアブラシ塗装を楽しんでます^^
ラッカー臭で肩身のせまいパパモデラー必見です!!(^▽^)
【リンクについて】こちらは、リンクフリーです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




HGキュベレイ15 ジェッソ水研ぎできました^^;
みなさん、こんにちはーー!( ‘∇‘ )ノ”

週末は・・・
金曜の夜だけ作業ができました。

キュベレイのジェッソがけ外装パーツのみをサンディングしました。

希釈率を色々変えながら塗っていたので垂れてしまったところもありましたので
垂れを800番で修正しつつ、1000番>2000番で仕上げました。
中研ぎしても、ジェッソはザラザラに仕上がっちゃいますね。
こればかりは仕方ないようです。

今回1000番、2000番で研ぐときは水研ぎをもう一度試してみました。

今度は研いだ側から、拭き取ることに。

乾燥すると削りカスが再付着してしまうので、乾く前に拭き取ります。

といっても、ティッシュでは水に溶けてほつれたクズがつきそうなので、
今回はとある方から薦められてためしに買ってみた「キムワイプ」を使用しました。

キムワイプとは・・・

wikiの説明を引用すると
「キムワイプは、日本製紙クレシアが大手製紙業キンバリー・クラーク(Kimberly Clark Corp.)との提携に基づき製造する紙製のウエスである。白色で硬い手触りを有し、けば立ちがなく、水に溶けにくく、使用の際にパルプくずが出ない特徴がある。試験管など実験器具の清掃、液体の吸い取り、電子部品のワイピング、色素の吸着[1]など用途は広く、理学・工学・農学・医学・薬学・家政学などの実験、それらの延長線上にある実務(各種化学、光学、その他精密機器を用いる作業など)に広く用いられる。」

試験管などを拭いたりするのに使うそうで、理系の方だとよくご存知だとか。
ちなみに見た目はティッシュに似ていますが、これで鼻をかむと鼻がまっかになるそうです(^▽^笑)

ティッシュと違って濡れても崩れたりしないので、塗装を汚すことはないだろうと思ってこちらを使いました。

試した結果、ジェッソの削りカスが混じった水は濡れているうちにキムワイプで拭き取っちゃえば問題なしでした^^

前回、「水研ぎすると削りカスが乾いて再付着するから水研ぎできない。」と言ってしまいましたが
なんてことはない「ぬれているうちに拭き取れば」大丈夫でした。

これで解決^^

試しに、ジェッソ研ぎ出し後のパーツを洗面器の水でさっと洗ってみましたが問題ありませんでした。

怖くて、水にどれぐらい着けておくとジェッソが溶け出すかなんてことは実験してませんけどね^^;


で、土曜の夜は、進研ゼミの小学生用の教材がどんなものか調べてくれだの、
来週納車されるフリードに使える安いシートカバーを探してくれだのと
色々頼まれて作業できず。
日曜は日中のあの強風の中で子供連れて出掛けたら、夜は調子崩してダウン(>_<)

どうも土日は作業が進みませんねY(>_<、)Y

キュベレイは遅々として進まず・・・
でも、今日も朝からいまいち調子がよくないので今夜も作業せずに早く寝ます^^;
それに、明日はプチオフ会をすることになってますので体調整えておかないと^^

↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する ※注意!!:URLは入力禁止にしています。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 しまちゃんのガンプラダイアリー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。