しまちゃんのガンプラダイアリー メタクラの墨入れって
しまちゃんのガンプラダイアリー
子供と一緒にガンプラを楽しもう!

【当ブログについて】
乾燥が早くて食いつきの良い水性塗料メタルクラフトペイント やファレホを使い、実験に実験を重ねながらガンプラのエアブラシ塗装を楽しんでます^^
ラッカー臭で肩身のせまいパパモデラー必見です!!(^▽^)
【リンクについて】こちらは、リンクフリーです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




メタクラの墨入れって
ぼくは、しまちゃん!
ラクロアの石化を解くため、ぼくたちはさいたま市にやってきた。
そこにあらわれたのは、木下大サーカスという謎の軍団。
そこは、巨大なテントになっていて、通路の奥にはとらえられたライオンや、象、キリンまでいた。
そして、暗闇の中、スポットライトに照らされたステージに、やたらと体格のいいお兄さん達が飛び出してきたんだ!!

「激突!闇のサーカス・・・

 だめだ、これ以上続かないや(⌒▽⌒)

ということで、この3連休に思いっきりガンプラ製作を満喫された皆様、こんにちは!
そして、私と同じく家族サービスに励まれたパパさん、こんにちは!!

私は、三連休の初日に木下大サーカスへ行ってきました。
さいたま市のステラタウンってところに木下大サーカスが来てたんですよ。
子供のときに一度見に行ったことがあり、懐かしく、楽しかったです!!

 途中までは ^^;

公演時間・・・長い!長すぎ!!
開始前に1時間並ばされ、公演自体は2時間以上!木の板といっても変わりないベンチでケツいたーい!!
長すぎて、子供がもたず、帰ると泣き出すほどでした;;
こっちが泣きたかったよ;;

さて、気を取り直しまして・・・

 本日のレポートは・・・

 「メタクラの墨入れって、どうすんのよぉ~!!」です。

えぇと、HGUCガンダムRX-78-2の製作ですが、いよいよ大詰め!
3連休の最終日の午後。奥様にお暇をいただき、ガンプラ製作をやらせていただきました^^;

まず、バーニアと足首のシリンダーを、リアルタッチマーカーのメッキシルバーで塗装しました。
これで、ほぼ塗装終了。(後で塗装忘れを多数発見するのですが・・・;;)

足裏のバーニアを塗装していたら、ここは非常に塗りがたく、はみ出しまくり^^;
マスキングして塗装しなおそうと思ったのですが、足裏バーニアは非常にマスキングしにくい;;

なので、ここはあきらめて足裏の土踏まず(?)らしき部分を開口。

200711261832448


開口した部分にプラ板を貼って、そこにWaveのフラットバーニアを組み合わせたバーニアを貼り付けることにしました。
元のバーニアの方がディテールは細かいのですが、はみ出し・修正・またはみ出し・・・の連鎖に陥るよりは良いと思いました。

続いて、墨入れ実験!!

エアテックス社には、「スーパークリアコート」という専用のコート剤(ツヤあり)があります。
墨入れ前に、これで塗膜を保護しました。
念のため、塗装テストに使ったFG版ガンダムの残骸もコート。

ちなみに、コート剤って生まれて初めて塗布したのですが・・・
これって、こういうものなんでしょうか???
塗装中に、ホコリが付着してしまったので、乾燥する前にナイフでちょんとはじくつもりが、
下地の塗膜ごとドロっと剥がれてしまいました;;
コート剤の力で下に塗ったメタクラの塗膜が非常に不安定な状態になってました。
(コート剤、透明なためどれぐらい吹きかけてよいかわからず、結構厚く塗ってしまったかも)
結局、どうやっても収拾つかなかったので、メタクラの塗装からやりなおし;;
そして、あらためてコート。

待つこと3時間。(無謀にも、短時間乾燥で実験!)

まず最初に、テスト用のFGガンダムの残骸で、ガンダムマーカー消しペンを試してみました。
以前塗った青の上にコート済み。そこへマーカーの赤を塗って、すぐに消しペン。
結果は・・・

200711261832446


あっさりと、メタクラが剥げ落ちました;;
ダメじゃん!!

一応、エナメル塗料のジャーマングレーを買ってきてあるのですが、この結果を見てあまりにも不安なので今回は回避。

今度は、手持ちの中で一番弱いであろうリアルタッチマーカーをテスト。
試した感じは問題なし。塗膜は剥がれません。

ということで、本番。
胸のスジ彫りを塗り、すぐに(溶剤を含ませてない)綿棒でサっと拭いてみる。
すると、きれいにはみ出しを落とせました。

200711261832444200711261832442


今度は、コート済みの上にリアルタッチマーカーのぼかしペンを使用。

20071126183244


これも問題なし。きれいにマーカーだけ落ちました。下地に影響なし。

この勢いで、胸、腹と墨入れし、首もとの黄色パーツも墨入れ!
しかし、この部分はコートをし忘れてました^^;
が、強引に墨入れ決行!

黄色のパーツに思いっきり墨を入れ、豪快にはみ出したマーカーをぼかしペンでゴシゴシ消しました。
コート済みのパーツより、墨を落とすのに時間がかかりましたが、下地塗装を剥がすことなくはみ出しを消せました。
なんだ、コートしなくてもいいじゃん^^;

以上、墨入れ実験に成功し、全体を確認すべくパーツを組んでみました。

200711261832432
20071126183243


まだ、胸の黄色いダクトの修正、頭部の塗装等が残ってます。

それまで思うままに各部パーツの色を作り、その場その場で塗装してましたので、
これらを組み合わせて変な配色になってたらどうしようという不安がありました。
ですが、組んでみてその不安は一発で消えました。満足です^^

が、しかし!
ヒジ関節パーツが無い!!
探してみたら、キットの箱の隅に転がってました。
なので、ヒジ関節の塗装もやらないと・・・orz

↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する ※注意!!:URLは入力禁止にしています。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 しまちゃんのガンプラダイアリー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。