しまちゃんのガンプラダイアリー ガンダム発光計画その3(おゆまる複製)
しまちゃんのガンプラダイアリー
子供と一緒にガンプラを楽しもう!

【当ブログについて】
乾燥が早くて食いつきの良い水性塗料メタルクラフトペイント やファレホを使い、実験に実験を重ねながらガンプラのエアブラシ塗装を楽しんでます^^
ラッカー臭で肩身のせまいパパモデラー必見です!!(^▽^)
【リンクについて】こちらは、リンクフリーです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




ガンダム発光計画その3(おゆまる複製)
週末は、たまってた領収書の整理でなかなか時間が取れませんでしたが、クリアパーツ化は一応完了したのでそのレポートを書きます。

おゆまる+タミヤ透明エポキシ樹脂を使って、クリアパーツ化しました。タミヤ透明エポキシを使うのは今回初めてです。

ちなみに1度目の複製は一部がうまく型取りできてなかったのでやり直してます。

まず、おゆまるによる型取り。

ボールにお湯を入れ、おゆまるを柔らかくし、おゆまるを小さいタッパに詰めました。

対象の形によるのですが、やはり、パーツをムニュっと押しつけたときに四方を枠で押さえてあげた方がうまくいきますね。本当はタッパでなく、レゴブロックで枠を作るつもりが、妻が外出中でレゴをどこにしまったのかわからず、あきらめてタッパを枠にしました。(あとでタッパから外せなくなるので真似しないように。このあとタッパは、ナイフで切断する羽目になりました^^;)

おゆまるが冷えて固まったら、タミヤ透明エポキシ樹脂を流し込みます。
二種類の液を2:1の分量で混ぜて、合計15mlを用意しました。これにタミヤエナメル塗料のクリアブルーを爪楊枝で2滴ほど垂らして混ぜます。気泡が入らないように慎重に混ぜ、流し込むときも静かに流します。

このあと、気泡が抜けやすいように、ドライヤーの熱風をあてます。するとうまく泡が浮いてきました。ただ、近づけすぎるとエポキシ樹脂が風で流れ出てしまうので、遠すぎず近すぎず、適当な距離を探しつつ7-8分ぐらいあてました。

その後、24時間の乾燥待ち。
ホコリが入らないように、乾燥機に入れて保管しました。(乾燥機の電源は入れてません。)
硬化後、気泡もなくうまく複製できました。あとはナイフとニッパーでバリと不要な部分をカットして整形するだけ。
硬化後のエポキシ樹脂は、飴のように粘りあって結構かんたんに切れます。

スポンジヤスリとコンパウンドで磨き、タミヤの艶出しニスを塗ったらかなり透明度が増し、ツヤツヤになりましたよ。(左は研磨前。右がニス塗布後)

書き足りない気もしますが、おゆまるによる複製とクリアパーツ化についてはこんな感じです。

↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する ※注意!!:URLは入力禁止にしています。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 しまちゃんのガンプラダイアリー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。