しまちゃんのガンプラダイアリー ガンダクライシスやってきました
しまちゃんのガンプラダイアリー
子供と一緒にガンプラを楽しもう!

【当ブログについて】
乾燥が早くて食いつきの良い水性塗料メタルクラフトペイント やファレホを使い、実験に実験を重ねながらガンプラのエアブラシ塗装を楽しんでます^^
ラッカー臭で肩身のせまいパパモデラー必見です!!(^▽^)
【リンクについて】こちらは、リンクフリーです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




ガンダクライシスやってきました
200712251827382
20071225182738
22日(土)、23日(日)と一泊で富士急ハイランドへ行ってきました^^
富士急には14時ごろ入ったのですが、曇り空でかなりの寒さ。
入り口から一つ一つ、子供たちが興味を示すアトラクションに乗っているうちに雪が降り出し、夕方以降は本格的な雪になりました。
富士急を出たのは夜8時。駐車場に戻ると、雪が3cm程度積もっていたほどです。
チェーン買っておいて良かった^^;

おかげで、人気アトラクションでありながらガンダムクライシスは・・・

  待ち時間 ゼロ ('ー ' *)

二度乗りましたが、二度目のときには同時参加者は私の他に2名のみ。

結果の方ですが、二度も挑戦しましたがクリアならず;;
残念ながら、実物大ガンダムのコクピットに搭乗することはできませんでした(TロT)

まぁ、実物大ガンダムを直接触ってこれただけでもよかったかな^^
※写真は、グッズ売場に展示されていた1/20サイズのガンダムです
子供たちも一緒にやったのですが、警告音と必死に走り回る周囲の雰囲気に飲まれ、かなりビビってました^^;

「どうだった?面白かった?」と聞くと、「怖かった(ノ_<。)」という返事でしたよ^^

ガンダムクライシスは、ミッション終了後、出口手前にあるモニターでオリジナルCG映像を見ることになってまして、
出撃していくガンダムの勇姿を見た後、出口を出ると・・・

そこは、ガンダムグッズのお店になってます^^
ガンプラが大量にありましたね。
ヨドバシアキバより在庫も種類も豊富でした。

もちろん、長男と私は大はしゃぎでしたが、

次男(3歳)は・・・なぜか一人怒ってました^^;

本人曰く、「なぜガンダムの基地から出てきたら、おもちゃ屋なんだ!」 と^^;

「騙された!」と思ったのか、しばらく一人で怒ってましたよ。
急に現実にもどってしまったのが、つまらなかったのでしょうかね(^▽^笑)

夜8時には、もう園内は閑散としてまして、雪の中を宿へと車を走らせました。

翌日、宿の部屋から外をのぞくとあたり一面、見事な銀世界に^^
「部屋から富士山が見える」プランだったのに・・・白い雲しか見えませんでしたヾ(´▽`;)ゝ

チェックアウトして、しばらく山中湖で雪合戦をしたり、スワンボートを漕いだり(えさをねだる白鳥に直接触れるという貴重な体験ができました)していたら、11時ぐらいから急に晴れだし、きれいな富士山を見ることができました。

ガンダムと富士山を堪能できて、楽しい旅行でした^^

↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




コメント
この記事へのコメント
私も富士急へは行きたいと思ってるんですが、
いまだにそういう機会にめぐり合えず。
グッズ売り場では、此処でしか売ってないものもあるんですよね?

一日ゆっくり楽しみながら行きたいですね。
うらやましっす。
2007/12/25 (火) 19:29:13 | URL | R☆トータス #-[ 編集]
トータスさん、こんばんは^^

富士急楽しかったですよ^^
グッズ売場にあったマニアックなグッズは、どれも実際使うとなると・・・微妙でしたね^^;
結局買ったのは、「連邦軍接収ステンレスマグ」です。
帰宅後、さっそくこれでコーヒーを飲もうとしたら、うちのジュニア2号に強奪されましたo(;△;)o
2007/12/25 (火) 22:30:09 | URL | しまちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する ※注意!!:URLは入力禁止にしています。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 しまちゃんのガンプラダイアリー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。