しまちゃんのガンプラダイアリー HGグラハム専用ユニオンフラッグその4
しまちゃんのガンプラダイアリー
子供と一緒にガンプラを楽しもう!

【当ブログについて】
乾燥が早くて食いつきの良い水性塗料メタルクラフトペイント やファレホを使い、実験に実験を重ねながらガンプラのエアブラシ塗装を楽しんでます^^
ラッカー臭で肩身のせまいパパモデラー必見です!!(^▽^)
【リンクについて】こちらは、リンクフリーです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




HGグラハム専用ユニオンフラッグその4
20080121163711
20080121163710
みなさん、こんにちはーー!( ‘∇‘ )ノ”

HGグラハム専用ユニオンフラッグカスタム、じみーに表面処理を続け、昨晩やっと塗装しはじめました。

ここまでに表面処理は

ペーパーの400番>600番>800番(600番からは例のスピンやすり使用)
さらに、コンパウンドがけしました。
コンパウンドも、ペーパー代わりにフェルトを貼り付けたスピンやすりを使用しています。
で、サフは無し。(臭いからw)

そして、今回も例のごとく「メタルクラフトペイント」で塗装します。

グラハムフラッグを買う前は、黒一色(ワンポイントで白)で済むと思っていたのですが、説明書を見ると設定ではグレーと黒の二色に分かれてます。

グレーは、ネイビーブルー+黒+白
黒は、ミッドナイトブルー+黒

となっていますが、メタルクラフトペイントにはネイビーブルーも、ミッドナイトブルーもありません^^;

ってことで、メタクラの「スレートブルー」をベースに黒と白を混ぜて調色しました。
「スレートブルー」ってのは、屋根とかに使う波状の板「スレート」の色ってことですね。
くすんだ青緑です。

で、今回は更なるメタクラ実験。

Wave社の「マイクロパールパウダー(ホワイト)」を使ってみました。

グラハムフラッグは、ピカピカな新車のように輝く光沢のイメージが強いんですよね。
今回は、光沢仕上げに挑戦します。(サフレスだけど^^;)

スレートブルー+黒で、かなり黒に近いけど若干青緑がかった黒(むずかしい^^;)を作り、
そこへパールパウダーを直接混入。

メタリックな黒(ガンメタ)を目指してこの方法を取りました。

黒にシルバーを混ぜても同じような感じになるのでしょうが、水性塗料は粒子が大きくて目立つんですよね^^;
それで、パールパウダーを入れてみたわけです。
(こっちのほうが細かい粒子だと思いまして。)

もちろんこの方法は、クリアーにパールを混ぜてコーティングする方法よりもあきらかにキラキラ感が減るのでしょうが、黒地に白パールのクリアコーティングをすると、白い膜がついたような・・・うーん、うまく言えないけど、あきらかに「上から白いパールをかけました」っていう雰囲気になると思い、この方法を利用しました。

で、写真はそのパール入り黒を塗ったパーツなんですが、アップで撮るとダメですね。
ただのざらざらした黒にしか見えない・・・orz

結構、良い感じピカピカしてるんですけどねぇ^^;

で、昨晩は黒のみ塗装し終わった時点で時間切れ。

今晩、グレーの塗装ができるといいんですが、マスキングも必要なのでどこまで進むやら・・・

↓ガンプラ製作の励みになりますので、ワンクリックお願い致します。<(_ _)>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する ※注意!!:URLは入力禁止にしています。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 しまちゃんのガンプラダイアリー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。